Monologue photo diary @ lise

Top

Representation and Memory (絵画展memo)



f0358531_18444245.jpg
もう1か月ほど前に行った展覧会ですが・・

f0358531_18444901.jpg


f0358531_18445762.jpg
明治期の建築を復元した美術館の内装も魅力的です
(展示室は撮影不可)
f0358531_22315105.jpg




今回特に楽しみにしていたのは、三菱一号館美術館が所蔵する大パステル画「グラン・ブーケ」とともに
ドムシー男爵の城館の食堂に飾られていた装飾画15点(オルセー美術館所蔵)が一堂に会すること。
残念ながら、これらが同じ部屋には展示されていないのですが、彩りも美しく見ごたえがありました。

私が最初にこの画家を知り惹かれたのは、花瓶に挿された花の絵でした。
花器にもこだわり収集していたルドンの描く花たちは、花瓶の中でも生き生きと楽しそうに咲いています。

彼は自身の描く花を「再現と想起という二つの岸の合流点にやってきた花ばな」と記したそうです。

”Representation and Memory”

”表象と記憶”



うーん。。。

よく分からなくても 良いものは良い!  ・・ってことで。

f0358531_18462688.jpg
ルドン-秘密の花園 ~5/20 三菱一号館美術館*

@三菱一号館美術館


*写真はクリックで拡大します*

[PR]
by li_se | 2018-04-19 23:00 | イベント